カテゴリー
お知らせ 献立作成

わこう会厨房会議

今日は小林市ときわ会の厨房会議
管理栄養士4名、調理師30名がずらりと並び、献立内容について
白熱会議
ここの献立作成を担当して1ヶ月。
はじめての会議参加で、現場の声が短かに聞けて
よかったです。
8月の献立に反映させたいと思います。

玄関のツバメの巣は、巣立った後で、静かでした

カテゴリー
お知らせ 献立作成 食育

七夕の行事食

 

七夕飾りに囲まれた保育園で、七夕メニューを頂く園児達は、生き生きと輝いて全員完食!!
今日は宮崎県東諸県郡国富町のみどりのおか保育園の給食指導日。

七夕は桃の節句や端午の節句と同じ五節句の一つ。この五節句にはそれぞれ行事食があり、ひな祭りにはあられ、こどもの日には柏餅やちまきなどが食べられています。

では、七夕の節句の行事食は何かご存知ですか?

実は「そうめん」なんです。

七夕にそうめんを食べるようになったのは、中国のある伝説に基づいているという説があります。

昔、7月7日に亡くなった皇帝の子どもが、たたりとなって町全体に病気を流行らせました。
この事態を解決すべく、その子どもが好物だった索餅(さくべい)を供えました。

※索餅とは、縄のように編んだ小麦のお菓子。

すると怒りは鎮まり、町にも平穏な日々が戻りました。
ここから、7月7日に索餅を食べると1年間病気をせずに暮らせるということで、七夕の行事食になりました。

索餅や七夕自体は、古くから日本に伝わっていたようですが、広まったのは平安時代の頃。
宮中行事として七夕を行い、中国にならって七夕に索餅を供えたそうです。

この索餅、実はそうめんの原型ではないかと言われています。小麦を練って縄状にしたものが後にそうめんとなり、そうめんが七夕に食べるものへと変わったようです。
そうめんで無病息災を願う

梅雨空が続き、ジメジメ・ムシムシとした日が続いていますね。そうめんは食欲が減退するこの時期にぴったり!
今年の七夕は短冊でお願いごとを書くだけでなく、そうめんを食べて無病息災を願ってみてはいかがでしょうか。

今日のみどりのおか保育園では、昼食
の主食に七夕そうめんを作ってみました。
薄焼き卵を天の川に見たて、
織姫星を人参、彦星をきゅうりでイメージしてみました。
そのほかのメニューは
主菜:パリパリチキン
副菜:酢の物、トマトのピザ
副副菜:キラキラゼリー、スイカ
おやつは
手作りカップケーキ
でした

カテゴリー
お知らせ 献立作成

7月献立納品日

7月献立表の納品日と給食指導。
保育園の玄関を入ると、天井に飾られた七夕飾りに感動!
2人の調理師さんの成長ぶりに感動!
そして今日も園児の完食に感動!

カテゴリー
お知らせ 献立作成

給食業務委託

宮崎県小林市のひと山に「ときわ会」があります。
8グループで成り立っているときわ会の献立作成を、7月から委託業務を引き受けることになりました。
美味しい食には人が集まると言われます。
すべての利用者が「生きる喜び」「安心」を感じて頂ける食のプログラムが提供できるように、
また4人の管理栄養士の方々が、今以上に輝く業務に専念できるように、
末永くサポートしていきたいと思います。
帰りがけに玄関に見つけたツバメの巣。
青空にかすかに見えたひなに、ときわ会の未来を感じ、嬉しくもあり、意欲があふれてくる午後でした。

カテゴリー
お知らせ 献立作成

給食指導日

月2回の給食打ち合わせ会議が
やっとできるようになりました。
3ヶ月ぶりです。
会議は、顔を見て話し合うのが1番!

カテゴリー
お知らせ 献立作成 食育

みどりのおか保育園給食指導日

‪宮崎県国富町みどりの保育園の給食指導日‬
‪6月9日のメニュー‬
‪ 主食ースパゲティーナポリタン‬
‪ 主菜ータンドリーチキン‬
‪ 副菜ーブロッコリーの酢味噌和‬
‪ 副副菜ー胡瓜とリンゴのサラダ‬
‪ 汁物ーグリーンピーススープ‬
‪ フルーツ‬
‪おやつ‬
‪ カップケーキ‬
‪ 牛乳‬

‪全て手作り‬
‪お問合せ📞0985-75-01888‬

カテゴリー
お知らせ 献立作成 食育

みどりのおか保育園6月納品

宮崎県国富町みどりの保育園の給食指導。
そして6月献立表の納品日。
6月のテーマは「梅雨の季節は、食で代謝をよくしよう」
考えて考えてやっと6月の献立メニューが完成!!

指導日の5月27日のメニューは
 主食ーご飯
 主菜ー筑前煮
 副菜ー卵豆腐のあんかけ
 副副菜ーキャベツの胡麻和え
 汁物ーとろっと味噌汁
 フルーツ
そしておやつは
 ほくほく大学芋
 牛乳

園児の完食は次への意欲につながる。
只今、園児募集中

カテゴリー
お知らせ 献立作成 食育

みどりの保育園 子供の日のお食事会

宮崎県国富町みどりの保育園の給食指導。子供の日お食事会のメニュー
主食ーかぶとおにぎり
主菜ー鯉のぼりハンバーグ
副菜ーはんぺんの柏餅
副副菜ー胡瓜のカラフルサラダ
汁物ー若竹汁
そしておやつは
いちごのショートケーキ
フレッシュジュース
調理師2名による全メニュー手作り。
そしてランションマットの嬉しいおもてなし😊😊😊

カテゴリー
お知らせ 献立作成

あくまき

5月6日は暦の上では立夏。いよいよ夏のはじまりです。生き物たちも活発に動き始めました。梅雨を経て本格的な夏を迎えるまでのわずかな初夏の季節を新緑で味わいましょう。
この時期になると南九州では(あくまき)がお店に並びます
作り方は一晩ほど灰汁(あく)に漬けて置いたもち米を、同じく灰汁または水に一晩漬けておいた竹の皮などで包み、竹の皮から作った糸で縛り、灰汁で3時間~半日程度炊いたものです。
あくまきの歴史は、薩摩藩が関ヶ原の戦いの際に日持ちする兵糧として作ったといわれています。また西南戦争の際に西郷隆盛が保存食として持参しており、これを機に薩摩藩外の宮崎県北部や熊本県にも広く普及することとなりました。また農家の田植え時の保存食にもされました。
保存性であくまきを見ると、長時間煮ることによる滅菌、木の成分による抗菌、灰による雑菌繁殖の抑制、竹の皮による抗菌、と実に複合的かつ合理的に出来ています。
食べ方は単体ではほぼ無味なので白砂糖や黒砂糖・三温糖、砂糖と若干の塩を混ぜたきな粉、黒蜜、砂糖醤油をふりかけたりするのが一般的です。人によってはたまり醤油、わさび醤油、ココアパウダーと砂糖などで食べる人もいます。常温で食べるのが一般的ですが、冷やしても美味しい。冷やすとえぐみを弱く感じるため、苦手な人でも食べやすくなります。固くなったら軽く温めるとよいですね。

私のおすすめは天ぷら、中でも揚出しあくまき。揚出し豆腐の豆腐の代わりにあくまきを使用したものです
 切る時は、縛った竹の皮を細く割いたもので、写真のように切り分けに使えるようになっています。ぐるりとあくまきを一周巻いてから縛るように引くと、包丁のかわりになります。

何かしら男性らしい料理であり、伝統料理であり、合理的ですよね

カテゴリー
お知らせ レシピ開発 献立作成

ココペリ 5月献立表の納品

24日はココペリ の5月献立表の納品日。
コロナの影響で建物の中に入れず、玄関外で納品
5月のテーマは「心が落ち着くメニュー」。ココペリ の献立は施設と保育園の献立表が2種類あります。特に昼食は同じ調理室で同じものを配膳するので、園児が中心になります。
味.形態. 色彩など献立の基礎がぎっしり詰まっていて 幼児食と介護食は共通点だらけですq
心落ちつくメニューのポイントは 、カルシウム、ビタミンC、ビタミンB1、タンパク質、DHA&EPA